テーマ:喫茶店

可否

ある日の午後。 約束の時間まで少々間ができましたので、お気に入りの読書室(おやつ付き)を訪れました。 こちらの珈琲は、もしも今から24時間後に死ぬ、ということが判ったとしたら、死ぬ前にぜひとも呑んでおきたいもののうちのひとつであります。 珈琲のおともとして、自家製ドーナツというのもあるのですが、これが結構な人気アイテムでし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夜会

重厚な調度品とあくまでも青い照明と、壁に飾られたいくつもの絵画。 それらが相俟って、歴史の重みを感じさせる建物と雰囲気なのです。 スツールは、落ち着いた緑色。こちらも、かなり年代物とみました。 色彩々の四角いゼリーが、ソーダ水に浮かんでいます。トップにはアイスクリーム。 懐かしくもおいしい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜桃

先の予定と後の予定との間に、少なからず時間が空いてしまったので、ゆっくりと寛げる読書室(飲み物とおやつ付き)を訪れたわけです。 英国カントリー調(?)の内装がウリの茶館でして、茶も菓子もかなりなクオリティなのです。 せっかくの英国調なので、ロイヤルミルクティーと、菓子はチェリーのチーズケーキ、というものを選択しました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

丸福

そうだホットケーキを食べよう、と思い立ちまして。丸福珈琲のドアを開いたわけです。 おりしも、周年記念(正確な年数は失念しました)のイベント、というかプレミアムなホットケーキを展開中、ということでしたので、ためしてみることにしました。 とはいえ、ホットケーキ自体は丸福珈琲の伝統的な味なのですが、材料が何であるかは謎ながら、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

葡萄

両側に、まるで耳の如くに取っ手のついたカップ。 その中には、すきとおるような蜂蜜色と濃い葡萄色の、2色のゼリー。太極図のように見えなくもない。 葡萄色のほうは、もちろん葡萄のゼリー。 なんでも、ワインに使う品種のものから作った葡萄ジュースがベースになっているとか。 かなり葡萄の味です。 蜂蜜色のほうは、紅茶のゼ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

珈琲

一見、ウィンナ珈琲のようですが、一般的な生クリームではなく、チョコレート風味の生クリームが使われています。 けっこう昔からある、業界では古参の部類に入るのではないかと思われる、全国チェーンの喫茶店なのですが、特筆すべきはアレンジ珈琲の種類の多さ。 いまでこそ、アレンジ珈琲は珍しくもない存在ですが、1980年代(たぶん)に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more