テーマ:珈琲

可否

ある日の午後。 約束の時間まで少々間ができましたので、お気に入りの読書室(おやつ付き)を訪れました。 こちらの珈琲は、もしも今から24時間後に死ぬ、ということが判ったとしたら、死ぬ前にぜひとも呑んでおきたいもののうちのひとつであります。 珈琲のおともとして、自家製ドーナツというのもあるのですが、これが結構な人気アイテムでし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生姜

先だっての木曜日は、変則的な海の日で、祝日の木曜日でした。 天気もまずまず、思い切って遠出をして、珈琲とトーストの朝ご飯でした。 ドリンクメニューの中に『ジンジャー・スパイス・ラテ』なるものを発見。興味を引かれまして飲んでみることにしました。 ホットもアイスもありましたが、ここはひとつアイスにて。 ジンジャーとシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鸚鵡

ある日の午後。この頃御用達の読書室(珈琲付き)へ。 この日の豆はコロンビアの深入り。質実剛健な味わいです。 東京創元社から、チェスタトンの未訳のものが新刊で出たのを、じっくりとっくりと読んでおりました。チェスタトンの文章は、さらりと流れるような、という形容からはまさに対極にあるような文章でして、なかなか一筋縄ではいきませ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

珈琲

一見、ウィンナ珈琲のようですが、一般的な生クリームではなく、チョコレート風味の生クリームが使われています。 けっこう昔からある、業界では古参の部類に入るのではないかと思われる、全国チェーンの喫茶店なのですが、特筆すべきはアレンジ珈琲の種類の多さ。 いまでこそ、アレンジ珈琲は珍しくもない存在ですが、1980年代(たぶん)に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

象印珈琲

偶さかに訪れる、珈琲のお店があります。 まずもって、「たまたま前を通って入ってみました」的な方は来られないであろう、と推察される、判りにくい立地にあるので、従って、たいがい混雑しておらず、静謐な空間がそこには存在しており、そういうところも、気に入っているポイントでもあります。 珈琲のお伴には、小豆大ほどのチョコレート…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タレーランのことば

曰く、 『悪魔のように黒く、地獄のように熱く、天使のように純粋で、そして恋のように甘い』 珈琲を、かつてこのように形容した一文がありました。いったい出典はどこからなのだろう…、とかねがね思ってはおりましたが。此度ふとしたはずみから、だれが言い出しっぺか判明しました。そうですか。タレーランですか。ほほー。 ごく簡単…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more