蕹菜

ヒルガオ科サツマイモ属の野菜であり、茎が空洞になっていることから、空心菜や通菜とも呼ばれている…。

異名もいろいろあって、蕹菜(ヨウサイ)、通菜(トンサイ)、朝顔菜(アサガオナ)、蓊菜(エンサイ)などなど。

調理法としては、塩、胡椒、(大量の)大蒜で、じゃじゃっ、と炒めて食べると、何ともいえない味わいがあります。味、というか食感というか、なんかそういうもの。
KIMG2699.JPG
栄養価が高く、東南アジアやオーストラリアの先住民族の間では、古くから食用とされていたそうです。ただ、難溶性の蓚酸カルシウムを多く含んでいるので、食べすぎには注意!とのことです。

ところで、ワタクシはずーっと『空芯菜』だと思っていたのですが、これは登録商標名らしく、一般名詞としては『空心菜』が正しいようです。

空ろな心の菜、って…。
パイジェロの歌劇を想像してしまうのは、ワタクシだけでしょうか(^-^;

"蕹菜" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント