萼片

KIMG2673.JPG
愛用のぬり薬がなくなりかけていたので、漢方薬局の門を叩きました。

買う物は決まっているので、所要時間はほんのわずかなのですが、店内には珍しいものが目白押し。

大振りの硝子瓶に入った、茸みたいなのや乾燥した葉っぱみたいなのや、なんかの粉末、はたまたこれはただの土かい?みたいなのとかが、背の高い木製の棚に、所せましと並べられているので、いつもじろじろと見てしまうのであります。

膝上くらいの高さのところにも、硝子の蓋が上下して開く式の陳列ケースみたいなのがあり、そこにもいろいろな漢方の材料が収められていました。

それにしても。
柿のヘタ、っていったい何に使うのだろうか…。

しばし、黙考。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント