桜色

KIMG8301.JPG
色の名前には、赤や青や黄のように、『色そのもの』を表す名称と、桜色とか銅色みたいに、何かほかのものを譬えとして、色を連想させる場合とがありますね。

よく考えたら、『桜色』ってようするにはピンクですから。

しかしそこはかとなく品のよい感じだったり、季節感なんかもそこには込められているように思います。桜色。

桜の果実を食用にすることは、世界的にあちこちで見られる営みですが、花自体を何らかの形で食用とするのは、日本とかアジア圏の限られたエリア特有のもの、と申せましょうか。

…桜餅は、葉っぱも食べることができるのでしたっけ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント