年齢

IMG_20210408_153604-3.jpg
その昔、日本では年齢の表し方として、

『数え年』

という考え方が一般的でした。

これは『生まれた時点で一歳である』といった考え方をベースにしていて、さらにいつ生まれたかに関係なく、元日がくれば『一歳加齢する』という仕組みなんですね。

ということは。

12月31日に生まれた人は、翌日にはもう2歳なわけですね。
…実質二日間しか生きてないのに。

スタート時点を『0』ではなく『1』とするのは、

『0という概念が存在していなかった』

とする説や、

『一年の始まりは0月ではなく1月であり、年号などもしかり』

とする説などいくつかあるようです。

たしかに。
令和0年は存在しませんでしたね。

そして、月日は流れて…。

昭和24年に『年齢のとなえ方に関する法律』が制定されてから、数え年ではなく満年齢で数える、という方式が定着していったようなのですよ。

それにともない、個人個人の誕生日を祝うという習慣ができてきた…、ということらしいです。

ほほー。

(いかにも花祭な画像が見つかったので、載っけておきます。一日遅れですが・笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント