『豆腐の角に頭ぶつけて死んでしまえ事件』by倉知 淳

豆腐の角に頭ぶつけて死んでしまえ事件.jpg
前代未聞のユーモア&本格ミステリ!

村上貴史氏(ミステリ書評家)絶賛!
「ロジックに染められたミステリならではのマジック」

奇想ここに極まれり――
本格ミステリの玉手箱!

戦争末期、帝國陸軍の研究所で、若い兵士が頭から血を流して倒れていた。屍体の周りの床には、なぜか豆腐の欠片が散らばっていた。どう見てもこの兵士は豆腐の角に頭をぶつけて死んだようにしか見えないないのだが……前代未聞の密室殺人の真相は!? ユーモア&本格満載、おなじみ猫丸先輩シリーズ作品も収録のぜいたくなミステリ・バラエティ!(実業之日本社HPより)

〈目次〉
変奏曲・ABCの殺人
社内偏愛
薬味と甘味の殺人現場
夜を見る猫
豆腐の角に頭ぶつけて死んでしまえ事件
猫丸先輩の出張

倉知淳の新刊(といっても文庫ですが。親本は2018年)を書店で見つけ、目次を検めると、猫丸先輩ものがひとつ入っていたので、即購入。
本格度高いめのユーモアミステリあり、後からじわじわ来るサスペンスタッチあり、と、色とりどりの一冊でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント