口福

フランス料理に於いて、コースの始まる前に供される、おおむね一口大のオードブルの一種を、『アミューズ・ブーシュ』と呼びます。 これは、客の側から注文するものではなく、お店の側からある種のサーヴィスの一環として出されるものであり、従いまして、何が出て来るのか、予想も選択もできないのですね。 …ある意味、日本の「つきだし」と同じ位…
コメント:0

続きを読むread more

抽出

珈琲の淹れ方といえば、いくつか異なった方法があるのですが、サイフォン式の抽出法は、味の再現(火加減とか抽出時間を一定にすることで、毎回だいたい同じ味のものができる)性や、見た目のショー的な楽しさなどの面で優れているのだそうです。 欠点としては、ドリップ式、とりわけペーパーフィルターによるものに比べて、とにかく手間隙がかかるので…
コメント:0

続きを読むread more

朝霧

今朝、家を出ようとすると、えらく霧がたちこめていました。 ワタクシの普段の生活圏では、まことに珍しい。 湿度だったり、気温だったりとその発生の条件はいろいろあるようですが、春先のこの時期に霧が出るのはやはり珍しいことのようです。『朝霧』自体は秋の季語らしいですし。 ところで。 霧の類義語として『靄』とか『霞』など…
コメント:0

続きを読むread more

更新

運転免許証の更新に行ってきました。 開始時間の9時に間に合うよう、会場に赴いたところ、入り口からもうすでに長蛇の列が出来上がり、建物の横手の空いたスペースは人で埋まっていました。 こういったご時世ですから、入り口付近では、やれアルコール消毒しろだの、間隔を開けて並べだの、いちいち何かと指示される訳です。 講習会場で…
コメント:0

続きを読むread more

『乱の王女―1932 愛と哀しみの魔都・上海』by生島治郎

日本人の母と中国人の父を持つ竜宗好は、六年振りに上海の土を踏み、父の遺産で「白竜党」を組織した。日本の侵略が進む中、自分自身を守るためであった。頑に「国」を信じない宗好の前に、清朝の再興を画策する“男装の麗人”川島芳子が現れる。日・中の間を生きる二人に芽ばえる奇妙な感情…。1932年、いよいよ日本の陸戦隊が上陸、竜宗好は悲壮な戦いに…
コメント:0

続きを読むread more

鰐梨

良質な不飽和脂肪酸に富み、『森のバター』とも呼ばれるアボカド。 ところがこれを栽培するには、たいそう手間と時間がかかるのだそうで。 果実がみのるまでに、土中の栄養素を殆ど根こそぎ奪ってしまうらしく、アボカドを収穫した後の土地では、もう作物を栽培できない、とか。 しかも恐ろしく水を必用とするので、環境に対する負荷が高…
コメント:0

続きを読むread more

薯蕷

いわゆる、山芋。 ざっくりと切って、軽く火を通してあります。 『ヤム』と『ヤマイモ』。なんとなく類似性が? 咳・喘息・腰痛などに効能があるらしいのであるが、乗り物酔いしやすい人や、吐き気のある人は摂取しないほうがよいそうです。 ついつい一杯ほしくなりそうですが…。
コメント:0

続きを読むread more

牡蛎

そうとうに立派な牡蛎を4つ、トップに乗っけたパスタ。 白菜とともにクリームソースであえてあるのが、さらに美味しさをかき立てるのです。 ところで、『牡蛎』は英語にすると「オイスター(oyster)」となりますが、オイスター自体は必ずしも牡蛎のみを表す言葉なのではないようです。 つまり、牡蛎みたいな形状の貝殻を持つ貝な…
コメント:0

続きを読むread more

陳皮

マンダリンオレンジの皮を干したもので、漢方薬などで用いられるものを『陳皮』と呼びます。 漢方としてそれなりに効能も高いようですが、ようするには『柑橘類の皮』。 なら、おいしい柑橘類の皮のほうが…などと思ってしまいました。 オレンジピールに、甘さを抑えたカカオ成分高いめのショコラ。 秀逸なる組み合わせですな。 …
コメント:0

続きを読むread more

柳川

ある時、閉店時間の間際に飛び込んだ蕎麦屋にて。 『鴨の柳川』という品書きを発見。 ん?柳川、いうたら泥鰌とゴボウと卵のアレでは? …というエッセンシャルなツッコミはともかく。 泥鰌の替わりに鴨肉を用いて同様の調理法で仕立てたもの、ということですね。 きっと。 鴨好きのワタクシにはなんの不足もございませんよ…
コメント:0

続きを読むread more

『孔雀狂想曲』by北森鴻

日々是好日? 骨董品をめぐって今日も事件が…。 いつも開店休業状態の下北沢の骨董屋・雅蘭堂。でも人々の思いのこもった「モノ」をめぐって事件が起きれば、雅蘭堂主人は名探偵となって謎を解決! 傑作ミステリ連作短編集。(集英社HPより) ベトナムジッポー・1967 ジャンクカメラ・キッズ 古九谷焼幻化 孔雀狂想曲 キリ…
コメント:0

続きを読むread more

鍋巴

中華料理のメニューに『お焦げ』っていうのがありますね。 熱々の餡をふーふー云いながら食べるのが、またおいしさを引き立てたりするのですが。 ある時、ふと『お焦げって云うけど、焦げ目はどこにもないんでは?』との疑問が浮かびました。 そして独自の調査の結果(ようするにはお店の料理人に訊ねてみただけですけど)、以下の事実が…
コメント:0

続きを読むread more

指物

今読んでいる本の中に、この言葉がたびたび出てくるのです。 ちなみに、読みは『さしもの』。 で、調べてみました。出典はWikipediaより。 「指物(さしもの、 英語: woodworking joints)とは、釘などの接合道具を使わずに、木と木を組み合わせて作られた家具・建具・調度品などの総称であり、また、その技法…
コメント:0

続きを読むread more

三笠

やや膨らんだ円盤状のカステラふう生地二枚に、小豆餡を挟んだもの…。 これ、な~んだ? 瞬間的に、 『みかさ!』 と答えた方。 …あなたは近畿地方の方ですね。 この菓子は、一般的には(といっても主に関東方面)『どら焼き』と称するのだそうです。 …そういえば、昔、アニメ『ドラえもん』のなかで、主人公(?…
コメント:0

続きを読むread more

筍飯

一般的に『筍』と呼ばれるのは、竹の若芽の部分ということになるらしいです。 しかも、食用にするためには、地面から芽を出すか出さないかくらいのタイミングで収穫しないと、おいしくない、というか食用にするのが難しくなるそうです。 さらに。 収穫してから猛烈な速さで劣化が進み、味がどんどん落ちていくので、手早く調理するか水煮とか…
コメント:0

続きを読むread more

釘煮

いかなごのくぎ煮(自家製)をいただく機会がありまして。 これは、阪神・淡路地域を中心に作られている家庭料理でして、この地域の春の風物詩ともいわれるものであります。 家庭料理とはいえ、最近では総菜屋などで売られていることもあります。ていうか、実際に 『家で作りました』っていう人にこれまで殆ど逢ったことありませんでしたよ。…
コメント:0

続きを読むread more

蕎麦

蕎麦、と云うとき、一般的には蕎麦粉から作られたあの麺のことを指します。 が。 蕎麦はまた同時に植物の名前でもあります。…あたりまえですが。 植物ですから、花が咲いて実もつける訳なのですね。 ある時、蕎麦の花から取れる蜂蜜というものが存在するということを知りました。レンゲとかアカシヤとかはポピュラーですが。 うー…
コメント:0

続きを読むread more

握飯

見た目はまんま、コンビニのおむすび。 しかしその実態は…、れっきとしたケーキなのでした。 …厳密に云うと、ケーキとも云い難いのですが、まあその辺は甘味の一派ということで。 セロハンの開け方も同じで、中央の赤い線に沿って引っ張ると、するするする、っと中身が現れます。 取り出してみると、ますますおむすび。 これ…
コメント:0

続きを読むread more

光麺

ジャンルとしては、中華蕎麦ということになりましょうか。 醤油ベースのあっさりスープに、細めの麺。 具はいたってシンプルに刻み葱と水菜。 ところで、かつて中華蕎麦とラーメンはイコールの時代がありましたが。 現代ではきっちりと棲み分けがなされているのでしょうか? これはラーメンとは全く違う食べものでしたが…。
コメント:0

続きを読むread more

温州

『みかん』と云うとき、現代日本に於いてはほぼ『温州みかん』のことを指すそうで。 ちなみに『紀州みかん』というものもありまして、これは概して温州みかんより小ぶりなのが特徴だそうです。 ところで、「温州」とはいったいどこなのか、と、ふと思ったわけです。 「温かい州」だから、それこそ和歌山か四国のあたりであろうか、とか妄…
コメント:0

続きを読むread more

『海のある奈良に死す』by有栖川有栖

半年がかりの長編の見本を見るために珀友社へ出向いた推理作家・有栖川有栖は同業者の赤星と出会い、話に花を咲かせる。だが彼は〈海のある奈良へ〉と言い残し、福井の古都・小浜で死体で発見され……。(KADOKAWA HPより) 親本の単行本が1995年、文庫化が1998年とのこと。四半世紀ほど前…。 作中で携帯電話がまだ高価で珍…
コメント:0

続きを読むread more

謝意

本日、弥生九日は『ありがとうの日』なのだそうです。 3と9で「サンキュー」だからだそうな。 これは、れっきとした日本における記念日(?)だそうで。 『なんで英語なんだよ』みたいなエッセンシャルなツッコミは、この際おいておきましょう。 他には、『雑穀の日』とか、『酢酸の日』とか。 …みなさん、結構お好きなんですか…
コメント:0

続きを読むread more

横転

ワタクシお気に入りの英国風読書室(おやつ付き)にて、フルーツのロールケーキなるものを食べた時のことです。 ショーケースの中には、やや大振りなロールケーキが、切り分けられる前の長細い状態で陳列されていたのです。 が。 皿に乗ってテーブルに出されたものを見ると、…横倒し。 たとえ横倒しであってもその味に変わりはあ…
コメント:0

続きを読むread more

目帚

気が付けば朝食を食べて以来、7時間以上も何も食べていませんでした。 空腹のあまり意識が飛ぶ、ということは本当にあるのですね(本日体験済み)。 本日のランチに…、と見込んでいた店が、残念なことに閉店となっており、路上で昏倒する恐怖と戦いながら、かなり焦ってとりあえず飛び込んだテキトーなメシ屋にて、バジルのスパゲティなるもの…
コメント:0

続きを読むread more

蕪的

羊肉を用いた煮込み料理。ナヴァラン。 ナヴァランという名称は、伝統的に蕪を用いるところから来ているようです。 蕪を意味するフランス語が”navet”(ナヴェ)、なのでナヴァラン。 諸説ありましょうが。 …そうか。蕪が必須アイテムだったのですね。羊にばかり気を取られていて、蕪についてはノーマークでした。 また近い…
コメント:0

続きを読むread more

啓蟄

本日、弥生五日は『啓蟄』。 二十四節季の第三番めです。 冬籠りの虫が這い出る頃、といったような意味合いがあるようです。 たしかにこの頃、名実ともに少しずつ春めいて来たような気もします。 それにしても。 この漢字、やたらと難しい(笑)。
コメント:0

続きを読むread more

『3000年の密室』by柄刀一

3000年前の殺人事件!?密室状態の洞窟で発見された縄文人男性のミイラは、背中に石斧を突きたてられ、右腕を切断されていた。―サイモンと命名された彼は、学界に新たな発見と論争をもたらすが…。今度はサイモンの発見者が行方をくらます事件が起きる!作家的想像力を無限に広げ、壮大な物語を紡いだ著者のデビュー作。本格推理の一到達点。(『BOOK…
コメント:0

続きを読むread more

雛祭

弥生三日。 雛祭ですね。 その由来であるとか歴史的背景とか意義とかいろいろありましょうが、現代の日本に於いては、 『ひなまつりケーキを食べる日』 という側面も無視できますまい。ええ。できますまいとも。 ところで、ワタクシの子どもの頃は、ひなまつりケーキといえば、エッジのきいた菱形のものが主流でして、材料とか…
コメント:0

続きを読むread more

椰子

アジアンデザートのプレート。 小ぶりの緑色の丸いやつは、椰子の葉を練りこんだ団子でした。 ココナッツの薫りがほのかに立ち昇ります。 栄養的に効果が高いのかどうかは…謎。
コメント:0

続きを読むread more

弥生

弥生朔日。 2021年も6分の1が過ぎたわけです。 「弥」という文字には「いよいよ」とか「ますます」といったような意味があるらしく、 『いよいよ草木の生い茂る季節』 的な意味合いがあるようです。弥生。 最も、陰暦(旧暦)の三月のことなので、厳密には太陽暦でいうと、3月下旬~、のあたりに相当するので、草木の芽…
コメント:0

続きを読むread more