抽出

KIMG8226.JPG
珈琲の淹れ方といえば、いくつか異なった方法があるのですが、サイフォン式の抽出法は、味の再現(火加減とか抽出時間を一定にすることで、毎回だいたい同じ味のものができる)性や、見た目のショー的な楽しさなどの面で優れているのだそうです。

欠点としては、ドリップ式、とりわけペーパーフィルターによるものに比べて、とにかく手間隙がかかるのです。

そりゃそうですね。
なにせ、90%くらいがガラスでできてますから。珈琲サイフォンの器具ときたら。

取扱いには細心の注意が必要ですし。一度使ったら、洗うのもたいへんですし。
個人で、家庭でこれを使っている、と云う人は相当なマニアと云ってもいいかもしれませんね。

そんなこんなで、今では少数派になってしまったと思われる、サイフォン式で珈琲を淹れる喫茶店があると、思わず入ってしまうのでありました。

やっぱり、ワクワクしませんか?
スイッチひとつでジャーッ、と出てくる機械の珈琲よりも。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント