落胆

S.S.ヴァン・ダイン著、『僧正殺人事件』を絶賛読書中だったのですが。

余すところ100頁弱、もうすぐ犯人が判る!きっと、こいつかあいつかそいつか3人のうちの誰かだ!!

というタイミングで、ふと、表紙に目をやりました。
因みにワクシの持っているのは、ムカシの版でして、ここ数年に出た新版のほうではありませんでした。…思えば、これが不幸の始まりだったのでしょう。

このムカシの版のほうですが、表紙の絵が、いったい何の絵なんだか、さっぱり判別できなのですね。
僧正殺人事件(旧).jpg
チェスの駒か?いや、なんだか動物のようにも見える。…犬?それともネッシーみたいな水棲の恐竜(のぬいぐるみ)?

謎だ…。

と思い、思わずワタクシはネット検索を試みたのですね。

つまり、ワタクシの持っている本が古すぎて、表紙の絵が色落ちして判別し難くなっているのかもしれない。画像検索でもしてみれば、きちんとした表紙絵が見られて、何の絵が描いてあるのかわかるかもしれない…。と考えたわけです。

というわけで、本のタイトルを打ち込んで、『検索』をポチっ、としようとしたその瞬間。

「頻繁に検索されるワード」みたいのが、ずらずらっ、と帯のように出てきたわけです。

その中に。なんと犯人の名前が思いっきり書いてあるではありませんか!

ガーン…(◎_◎;)

だ、だれだよ。
推理小説の犯人名を検索しようなどと考えたのは!

落胆の極み…。
それにしても。旧版の表紙のイラスト。…これこそが最大の謎かも(笑)。僧正殺人事件(新).jpg
(ちなみにこちらが最近の版の表紙です)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント