大黄

午後遅く、大雨のなか、おやつを買いに行ったわけです。

時間帯もよくなかったのでしょう。非常に小さなお店なので、ヴィトリーヌはほぼ空っぽ。タルトがいくつか残っていましたので、ルバーブのタルトを購入。

ルバーブはダイオウ属にあたり、タデ科の仲間、ということになるらしいです。

ダイオウ(大黄)は漢方薬とかでは重宝される素材で、食用できるものがルバーブと呼ばれるのですね。

ルバーブは野菜の一種(イメージとしては、蕗)として扱われ、茎部分を砂糖で甘味をつけてジャムにしたり、タルトの具材にしたりすることも多いのです。
KIMG3405.JPG
ルバーブのタルト。
見た目はどっちか云うとキッシュのようで、結構アレですが(笑)、味はたいへんによろしい。

ただ、薬用成分の関係で、人によっては、お腹が緩くなることがあるそうです。
…ワタクシは全く影響ありませんでした(汗)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント