夏のおもいでver.2013【パリ編】④超絶のミルフーィユ

パッサージュを出て、少し時間が早いのだが、昼飯にするとしよう。


パリを訪れると必ず立ち寄りたい飯屋が何軒かあり、その一つ、アラン・プラミルの店に行くことにする。
画像


店は静かな住宅街に、隠れ家のごとくひっそりとたたずんでいる。大きなガラス窓から白い胡蝶蘭の鉢が見えるのが目印である。


ランチは前菜・メイン・デセールそれぞれ複数の選択肢からチョイスする方式である。


まずは白いのを一杯。




前菜:ficoideと蝦のサラダ

画像

なんか聞いたことのない野菜だな、と思って頼んでみたら、生れてはじめて遭遇する植物だった(笑)。水滴のように見える粒粒が全体にくっついている。英名をアイスプラントと云うらしい。味そのものより、食感がシャッキリした感じで美味。


メイン:魚のグリル


「え?焼き魚??」と思わせる風貌であるが、そこはきちんとフレンチな味わいになっている。
画像


デセールは頼むつもりがなかったのだが、お店のお姉さんにしきりに薦められ、食べることにした。それが

デセール:ブルーベリーのミルフーィユ
画像


これが、超絶に旨かった。今まで出会った中でもマックスに旨いミルフーィユと云ってしまっても良いかもしれない。

上にのっかっているクリームと挟んであるクリームが違う味になっていて、どっちかが普通のクレーム・パティシエール、もう一方がジャスミン風味のクレーム・パティシエール、ということであった。

なんという贅沢なことを!

と、ウマすぎて少々おかど違いの怒りすら湧いてくる(笑)。



味はもちろんのこと、お店の人たちもとても感じがいい。もう5~6年くらい前から通って(?)いるけど、働いている人が変わらないので、きっと職場環境も良いのだろう。

こういう店は、確実に旨いのである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

とも☆
2014年05月11日 11:46
私も、一昨年パリを訪れた時は、なにせ20数年ぶりだったので。。どこがおいしいのかまったくわからず、右往左往しました^^
このブログを知ってればよかったです。

この記事へのトラックバック